ポイント矯正|歯並びに関するトラブルは矯正歯科で相談しよう

コレは知っておこう

部分矯正も、全体矯正も方法や年齢によって終了する期間が異なります。早く治療を終わらせたいという人や、ゆっくりで良いからなるべく痛みを感じない方法で治療したいという人は、治療方法や期間を医師と相談しながら決めておきましょう。

治療方法で期間が変わる

表側矯正

歯の表面に矯正器具をつけて、歯並びを整えるこの方法は約2年から3年程治療に時間がかかると言われています。昔から使われている治療方法のため多くの矯正歯科で使われています。

裏側矯正

歯の裏側に矯正器具を設置し、歯並びを整えていく方法です。この方法は表側につけるよりも目立ちにくいため、なるべく目立たない方法で矯正をしたいという人には最適です。しかし、この矯正方法は、表側矯正よりも治療にかかる期間が約3年と長くなってしまいます。

マウスピース矯正

この方法は、取り外しが可能なマウスピースを使って歯並びを矯正していきます。定期的にマウスピースの形を変え約1年から2年程かけて、理想とする歯並びに整えていくため、痛みを軽減することができます。すきっ歯など軽度の症状を矯正するには最適ですが重度の症状には不向きと言われています。

部分矯正

部分的に歯並びを整えたいという人に最適な方法が、部分矯正です。部分矯正は数本から矯正することができるため、全体的に矯正をするよりも短い期間で治療を終えることができます。早ければ約半年から1年程度で治療を終えることができるでしょう。

幼少期から治療すれば負担を減らせる

なるべく負担を減らしたいという場合は、子供の頃から歯の矯正に挑戦しておきましょう。子供のうちは、まだ骨格や歯などが未発達のため負担をかけずに矯正治療を受けることができます。また、子供の頃から治療をしておくことで、口内トラブルを減少させることも可能です。

ポイント矯正

院内

部分矯正は比較的安い

矯正治療と聞くと、何十万円もかかってしまうというイメージがあるためなかなか気軽に挑戦することができません。しかし、部分矯正なら全体矯正よりも費用を抑えることができるため安くすませることが可能です。部分矯正は、矯正をする歯の本数で料金が異なるため矯正して欲しい歯の本数が少ない場合は、試してみても良いでしょう。

医療費控除が適用される可能性がある

部分矯正で費用を抑えることができるといっても、人によっては決して安い金額ではありません。そのため、歯科医師に医療費控除に該当する治療方法かどうか確認してみましょう。美容目的の治療以外なら、医療費控除の申請をすることができるため更に治療費を軽減することができます。しかし、医療費控除を受けるためには、幾つかの該当しなくてはいけない条件が幾つかあるため、事前に調べておきましょう。

部分矯正のメリット

部分矯正は、出っ歯やすきっ歯の人・歯並びが少し悪い人に最適な治療方法です。メリットとしては、部分的に矯正することができるためコストを抑えることができ、短期間で治療を終えることができるということです。そのため、一部分だけ歯並びが気になるという人から注目されています。